スマホ留学高すぎ!詐欺!?スマホ留学は本当に効果があるのか!?-スマホ留学を徹底解析!

 最近噂のスマホ留学、留学は高すぎるし、今から英語を自分で1から学び直すなんて...って思っている方に必見!実はスマホで留学できるんです!なんて感じで30日間で英語がべらべらになるなんて広告がでていますよね。

いったいスマホ留学とはなんなのか徹底検証していきます。

塩原先生という講師を怪しいと思っている人の意見もちらほら見られました。

 

ネットをみたら「怪しい」という検索ワードでたくさん検索をされていました。それと講師の

スマホ留学とは!?

f:id:Nick_Burns:20180309084805j:plain

イングリッシュライフという会社が作ったスマホで英語を学習するプログラムで、インプットを重視した学習法です。

いつも持っているスマホならいつでも習った英語をアウトプットできる!という留学です。(実際に留学ではない)

料金が高い

f:id:Nick_Burns:20180309083556j:plain

サービス自体は無料ではなくいわゆる体験は無料です。無料のメルマガみたいなものです、本サービスは有料になっています。

教育の質がどうこうよりまずは値段公式では発表していなく、さらに発表することもできないのですが、ネット上で出回っていて料金は19万7000円です。

20万円の教材を買うってかなりの勇気がいりますよね。

どんなに教育の質が良くてもこれはかなり高いですよね..。

20万円で受けられるサービス

f:id:Nick_Burns:20180309084524j:plain

ではこの料金でどんなサービスが受けられるのでしょう!?

なかなかサービス内容を公開していなかったのですが調べると...

  • レッスン動画
  • 10日に一回のフィードバック

主にこの2つだそうです。

他にも特典として.....

・24時間メール受付

・アクションプランメール

・交流会

・海外旅行トラブル英会話集

・オリンピックで使える英会話

・海外で恥をかかないための3大基本マナー

・知的な人に見える英会話術

・ビジネスメールの書き方テンプレート

・外国人が知りたい日本の文化シリーズ

・リアルセミナーにご招待

参考サイト: スマホ留学!ついに入会金額を発表!5つ目の動画の感想、レビュー

送られてくるレッスン動画を開きLINEにアウトプットしてフィードバックを待つというシステムです

塩原先生の喋りがすごい

ネット上では検索ワードに「塩原 怪しい」があります。塩原先生の喋りはかなりすごいです。巧みな話術を使いものごとを説明しているのを見ると興味を持ってしまうし、なんだか説得させられてしまいます。 ペラペラにはならないけど「喋れる」ようになるのは事実だと思います。

音声学的な説明をして理由を付けてものごとを説明しているので彼の話には説得力があります。

あと単純に喋りが面白く見ていて飽きないというのも彼の魅力のひとつだと思います。

ちょっと喋りが巧み過ぎて逆に口車に乗せられているような感じがして少し怪しいと感じてしまう人もいるのではないかと思います。

イングリッシュライフの「英語が喋れる」とは?

f:id:Nick_Burns:20180309085535j:plain

イングリッシュライフの「英語が喋れる」とはネイティブと英語が喋れるのではなく、英語で習ったことを使えるということでしょう。

学校の英語学習ではたくさんのことをいっぺんにならうので習った情報が流れていきがちです。

例えば、「What time does it take to get to the train station?」という文章を習ったら、それが定着しないまま次のことを習ってしまい前に習ったことは復習しません。

そうすると記憶には60%くらいしか残っておらず文章で見ればわかる→リーディングはできる。

自分では1から文章は作れない→スピーキングはできない。

という日本人の典型的な英語体質になってしまうのです。

しかしスマホ留学では1つの文章(フレーズ)を100%こなし使えるようになるところまでを徹底的にやるので、口から習ったフレーズがでてくるようになるのです。

気にいった歌の歌詞を知らないうちに口ずさむように無意識ででるところまで習得するというのが原理です。

本当に喋れるようになっているの!?

f:id:Nick_Burns:20180309085620j:plain

これは個人差が大きいのですが、基本的な文法を抑えていないと習ったことしか言えません。なので90日分の英語しか喋れるようにはなりません。

↑しかし、「それでも喋れるようになった」(喋れるという解釈は人によって違う)ということはできちゃうわけです...。

なぜこんなことが起きるのか!?

自分は中学生のときから英語を勉強し始めて今はアメリカの大学で勉強しているのですが、個人的な考えは、

多くに日本人は英語にあこがれを持っていますが、興味は持っていません。

つまり、英語が喋れればかっこいいだろうなとはあこがれは持っているとは思いますが、興味があったりして勉強してそれを獲得しようとは思わないということです。

 

なのでこういった「◯が月でペラペラ!」などの広告はには弱いんだと思います。僕も中学生くらいにこんな広告に惹かれていました...。

ちょっと大げさな気が

90日で喋れると公式サイトに書いてあったりはしますが、少し誇大広告な気がします。日本人が言う「英語が喋れる」というレベルには絶対に達しません。確かに習ったことを使ってコミュニケーションを取ることは可能なのかもしれませんがだからといって外国人と楽しくおしゃべりができるくらいレベルアップをすることはできません。

いくつかスマホ留学を体験した方でネットに結果を載せている人がいますが、「誇大広告のようなきが...」などが聞かれます。

一番僕が個人的に引っかかったのは「払った金額に見合った成果がでた」という声がひとつもないことです。(あくまでネット上の話ですが)

 

こういった教材が前にもあったような...

これは完全に関係はない(とも言い切れないかも..)のですが、ちょっと前にスピードラーニングというCDの教材が流行りましたよね。聞くだけでペラペラになるとかなんとか...。

そんなことはありません!!

そんなことをしたら学校の先生なんていらなくなっちゃいますよね...。政府だってその教育方法を取り入れて教育費削減とかしてますよ。

 

個人的な印象

僕は高校生の時英語を毎日最低4時間は学んでいました。それと高校二年生からレアジョブという英会話サイトを使い毎日25分高校卒業まで話していました。

最初は全然喋れなかったのですが、先生がアニメとサッカーにはまっていて話題がもろ被りしたので、毎日言えなかったことを調べて次の日に話すようにしていました。

 

その時に思った「このことについて喋りたい」という気持ちがとても大切なんだと感じました。僕は大学では英文科や英語コミュニケーションは専攻していませんが、興味と気持ちだけで大学でも困らないくらいに英語を喋れるようになりました。

 

スマホ留学はお金があって余力があるという人にはいいかもしれませんが、英語が喋れるようになると夢をみて大事なお金を払うくらいなら参考書を買って文法をもう一度見直し、レアジョブやDMMの英会話にチャレンジした方が断然効果があると思います。

参考サイト

おすすめの英語教材!

 

改訂版キクタンBasic4000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

改訂版キクタンBasic4000 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

 
一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 
Word by Word Picture Dictionary (2E) Picture Dictionary (Bilingual Edition)

Word by Word Picture Dictionary (2E) Picture Dictionary (Bilingual Edition)

  • 作者: Bill Bliss,Steven J. Molinsky
  • 出版社/メーカー: Pearson Japan
  • 発売日: 2006/12/09
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 
【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

【CD3枚付】TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)