ニホンToセカイ

豪米と留学して結局日本で米大学の授業を取ってアメリカ人と結婚した人のブログ。コメントがほしい。

【高すぎてハゲる】教科書いらないから車買おうぜ。アメリカの教科書の値段◯◯円!!高すぎ!!

アメリカの大学に大学って学費も生活費も高いですよね。アメリカは世界でも学費が高い国として有名ですが、大学に入ってからもお金がかかります

僕が個人的に一番お金がかかると感じてしまったものは教科書です。

Scholarships.comによると、年間でアメリカの大学生は1100ドル(約12万円)を使っているそうです。(2セメスター分)

まじこれで車買えるべ。

12万って高すぎ!僕の大学の中に入っているブックストアーで見ると1冊で300ドル(3万円ちょい)する教科書も...ちょっと高くありません!?

留学のハードルがさらに上がった...泣。という人はちょっと待って!

今回はどうやってアメリカの大学の教材代を浮かすかを紹介します!!

1.友達からもらう

これは一番楽で経済的!しかし、この方法には結構な弱点があります。まずは先輩の友達を作ること。それと同じ授業を取っていること。それと安い値段で譲ってくれるかどうかです。

2.中古の本を買う・借りる

大学のブックストアには中古の教科書が置いてある場合があります。新品ではないので少し汚れや破損があるかもしれませんが、教科書代を節約することができます。教科書を借りることもでき1セメスター終わると返却しなければならないのですが、安く借りることができます

3.デジタル版

教科書にはパソコンやタブレットで読めるデジタル版があるものがあります。これにも購入と借りるという選択肢があり、デジタル版を借りるということで本来よりかなり教材費を節約することができます。

4.大学のFacebookで探す

アメリカの大学にはFacebookのページがあったり、アプリで学内の情報などをやり取りできる場所があります。そこで『教科書をいらない人は売ってさい』などの募集をかけると意外と返信が来る場合があります。教科書は基本的にはセメスターが終わるといらなくなってしまうので、自分から大学のページに売りに出している人も多いです。

5.アマゾンで探す

教科書をアマゾンで買うことは日本でもやっている人はいるかもしれません。しかしアメリカのアマゾンでは教科書を借りることができます。

アマゾンでは低価格で楽に教科書を借りることができます! 自分も最初のセメスターで教科書を借りたのですが、1冊30ドル以下で借りることが出来ました!

詳しくは別記事を書いたのでそちらを↓ www.nihontosekai.com