アメリカの大学は本当に高い?"アメリカ人が借金をして大学似通っている"の嘘

どうもニックです! ケンタッキー州では4月の天気は日本とは違いあったかくなったり寒くなったりです。←雪も降る(なんじゃのこ天気!)

 

アメリカの学費が高いたかいことは結構承知の事実ですよね。留学に興味がある人なんかだとよく聞くこのフレーズ「アメリカの学費はたかい!」「現地のアメリカ人でも借金をして通ってるんだから」

 

これ嘘です

 

正確には100%嘘ではないんですがアメリカでは学費なんて結構どうにでもなります。今回はこの嘘について話していきます。

1コミュニティーカレッジは現地のアメリカ人にはほぼタダ

f:id:Nick_Burns:20180419235540j:plain

日本人でも安くて入学基準が低いコミュニティーカレッジに進学を決める人は留学希望者の中では結構多いと思います。

 

日本人には50~200万くらいの学費を要求しますが、実際には現地のアメリカ人には格安です(同じ州内に限り)

 

10万円から30万円くらいが相場です。そこから大学に行く人もいます。

2.大学も安い

f:id:Nick_Burns:20180419235456j:plain

私立だと結構するところもありますが、私立にいく人は大抵返済が必要ない給付型の奨学金をもらっています。

 

ノースシアトル大学では1学期に15単位を取ると年間で学費は30~50万円です(アメリカ人料金)

しかし、留学生になると授業費は倍になりなんと50~100万です。他にも料金がかかるのでたかくなってしまいます。

僕が見つけた大学で一番安くアクレディテットされている大学の学費は65万円です(年間)

留学生は保険も含めてだいたい80~90万円です。それでも結構安いです。場所を指定しなければ意外と学費が安い大学もアメリカにはあります。

 

ただ情報を入手するのが難しく正しい情報かもわからないので日本人にはただ「アメリカの学費はたかい」というイメージだけが残ってしまうのです。

 

僕の情報はアメリカの大学のキャリア相談を担当している教授から手に入れているのでかなり正確な情報だと思います。

3.奨学金が多い

f:id:Nick_Burns:20180419235429j:plain

アメリカの大学はたくさんお金を取っている様なイメージがありますが、そのぶん生徒にもしっかり還元しています。

 

僕の大学ではスポーツの奨学金がでていて年間授業料、食費、学費をあわせて100万円以下で大学生活を送る生徒がかなります。

 

学業でも奨学金があり頑張っていればあまりハードルはたかくはありません。

 

4.政府や自治体の奨学金もある

基本的には奨学金は成績やスポーツの能力に応じてもらえるのですが政府や自治体が提供している奨学金、または協会が提供している奨学金があります。

ワークスタディープログラムなどアメリカ人にしかない奨学金プログラムなどもおおくあります。

5.基本的に日本の大学とは逆

日本の大学は留学生に奨学金を提供して来てもらっている感じですが、アメリカは奨学金なんてものがなくても富裕層や優秀な生徒が集まってくるので普通の留学生からは取れるだけお金をとろうという感じはあります。

例外もある

f:id:Nick_Burns:20180718110502j:plain

全ての外額はたかい言うわけではないのですが、一部の学部や有名大学では授業料をかなり取ること大学もあります。しかしそれなりのサービスや環境を使っていると意味では意外と妥当な金額なるのかもしれません。

 

ある人が話していたのですが、大学の入学面接で日本人が「この大学に入ってしっかりと勉強をしたいです!」と言っていたそうです。そしたら教授が「勉強よりコネクションを作りなさい。ここには有名な教授や大企業にコネクションを持っている教授がたくさんいるからプロジェクトを手伝ったりして関係を築きなさい」といってそうです。

 

面接でこんなことを言う教授はまれですが、アメリカの就職では参考欄というところに教授の名前を書きます。そこで企業も採用を判断するのでこれはあながち間違ってはいないです。

 

という風に、価値のあるものにはお金が必要という事実あはありますが、アメリカ人には意外と安く留学する方法はあります。

結果

基本的には留学生は年間100万円単位の授業料が必要ですがアメリカ人や州内の学生には大学は結構優しいです。アメリカ人で高額の学費に苦しむ人は1分です。

 

しかし、安い大学へ行くにも実家から離れて暮らすので別に寮費や食費、光熱費がかかったりして性格を圧迫するのは同じです。

 

"授業料が高くて"苦しむアメリカ人学生が多いというのは一概には言えないということになりますね。

 

おまけ・個人的なエピソード

僕が通っているアメリカの大学には留学生サポートみたいな先生達がいて話を聞いたのですが僕が奨学金の件について話すと「アメリカ人でも借金をして留学している人がいるんだから...」みたいな感じでたしなめられました。 その後ちょっと気まずかったのですがアメリカ人(友達ですよ?w)に「ちょっと聞きづらいんだけどどのくらい学費と寮費を払っているの?」と聞くとだいたい僕が払っている半分ほどでした。それは奨学金をもらっているからでした。スポーツの奨学金で僕がもらいいている奨学金の2倍ほど出ていました。 その後も10人くらい聞いたんですけどみんな全然払ってないw スポーツもしない留学生としてアメリカに来たのは事実ですが少し悲しいですね笑 勉強を頑張って取り返すしかないですね!