ニホンToセカイ

豪米と留学して結局日本で米大学の授業を取ってアメリカ人と結婚した人のブログ。コメントがほしい。

実は日本人の自己評価は実はかなり高い!?世界の自尊心-自己評価と自分に対しての自信

いきなりですが、皆さん自分に自信は持っていますか?自分をちゃんと評価していますか? 自分に自信がない人も、自信がある人も様々だと思います。これは決して日本だけではなくその自信の度合いも国々によって異なります。

自尊心(自己評価)とは?

自尊心もしくは自己評価とは、自尊心という言葉にも置き換えることができるかもしれませんね。簡単にいうと、自分に対する自信と満足感です。これは周りの環境に大きく影響されます。生まれた時期や兄弟の数、育った国や親の教育など様々な要素から作り出されます。

世界で行われた調査

自己評価が世界でどのようになっているのか調査が行われ日本はなんとワースト10に入る"自己評価の低い国"つまり"自分に自信と満足感がない国"となってしまいました。

世界の自尊心(自己評価)

自尊心(自己評価)には国によって異なりデータがない国もあるのですが、下のマップは世界の自尊心(自己評価)のパーセンテージを色で分けています。緑が濃いほど自尊心(自己評価)が高い自分に満足しているということになります。

一番自尊心(自己評価)が高い国TOP5

  1. セルビア
  2. チリ
  3. イスラエル
  4. ベルー
  5. エストニア

ちなみにワースト5は日本香港バンングラデッシュチェコ台湾です。

アメリカは自己評価が高い国としては6位でイギリスはTOP15にランクインしています。

※David P. Schmitt と Juri Allikが17000人、53カ国で調査したデータに基づきこのマップは作られています

この調査から以下のようなことも分かっています。

どの国が一番自分に自信を持っている!?

自分に対する自信は、外見からも来ています。なので、自分が綺麗ではないとか自分の容姿に自信が持てないとなかなか自分に対しての自信も湧いてこないのです。

下のランキングは自分の容姿に対する満足度ランキングとそのパーセンテージです。

1位. メキシコ – 29% 2位. トルコ – 26% 3位. ウクライナ、ブラジル – 22% 5位. アルゼンチン – 20% 6位. アメリカ – 18% 9位. カナダ 11% 17位. イギリス、オーストラリア – 8%

このランキングを見ていると上記の国は自尊心(自己評価)のマップでも緑色が濃いことが分かりますね。実は見た目の自信には"肌"が関係していて、ノーメイクの自分の肌がどれだけ好きか、ノーメイクで外を出歩けるかというアンケートに対してイエスと答えて人の割合は

カナダ 28% アメリカ 27% イギリス 25% ドイツ 22% 中国、フランス 20% 韓国 12% 日本 10%

上記の様になりました。日本は10人に1人です。これは自分のスッピンに自信があるという問題よりも、日本だと周りからの目だったり社会全体が要求しているレベルが高いせいなのかもしれませんね。

人種によって自尊心、自己評価、自分に対する満足度が違う!?

この調査から人種によっても異なることがわかりました。

  1. 黒人
  2. 白人
  3. ヒスパニック
  4. アジア人
  5. アメリカンインディアン

日本だけが自尊心、自己評価、自分に対する満足度が低いと思いきや意外と全体的に見るとアジア人が全体的に下回っている様ですね。

このリサーチでは続きで、東南アジア人アメリカ人より自尊心や自信が低いのかと調べる調査が行われました。アメリカ、中国、日本の大学で行われた"隠れた自尊心を探す調査"によると、中国日本アメリは同じくらいの自尊心や自信を持っていることがわかりました。さらにこの調査によるとこの"隠れた自尊心"が一番高かった国は中国でもアメリカでもなく日本だったようです

推測ですが、これは日本の本音と建前の様な社会が生み出してトリックの様なものだと思います。相手に言っていることとは実は違いことを思っていたり、少し謙遜の様なものにも似ている様なきがします。

歳が関係している!?

歳を取れば取るほど自尊心や自己評価が高くなるという結果がでています。

女性と男性

自尊心や自信は世界的には男性の方が高いとされています。それは、世界的に見ると社会での役割や生物的な役割としても男性が大きな責任を持っているからとされています。しかし、男女平等に進んでいる今の世界ではこの差は無くなりつつあるとされています。

学業的な面で世界的に女子生徒は科学と数学に苦手意識を持っています。苦手意識を持っているとなかなかその分野では成功することができません。しかし、これは自信の問題であって、能力の問題ではありません。自尊心や自信は成功をつかみ取るための鍵になり得ます。