ニホンToセカイ

豪米と留学して結局日本で米大学の授業を取ってアメリカ人と結婚した人のブログ。コメントがほしい。

エコノミークラスをファーストクラスに!最大限に快適にして安くても心地のいいフライトをする方法を伝授!

どうも、安さのためには長時間フライトは超ウェルカムな僕です。

 

掻い潜ってきた死線

今までの僕のフライトヒストリーを見てみるとオーストラリアに12時間かけて言ったのを始めアメリカのケンタッキーまで31時間30分。帰り26時間と数々の長期フライト(空港で待ち時間を含む)をくぐり抜けてきた僕が安くても快適なフライトを過ごす方法を紹介します。

 

※長期フライトを想定に書きます。6時間〜

 

 エコノミーは工夫次第でファーストクラス!

ファーストクラスはわがまま言いたい放題なのでそうは行きませんがお花見を地べたでなにも飲み食べしないで見る人っています???

 

ブルーシート持ってきて飲み物とか食べ物を持ち寄って楽しいようにしますよね?(迷走)

 

飛行機もそれをしていい(するべき)場所だと僕は思っています。なので工夫次第でエコノミーをファーストクラスに近づけ!快適なフライトを過ごすことができます。

 

最後にファーストクラスと僕の快適エコノミーの比較載せてあります

 

まず着替える

長期フライトなので早めに着替えちゃいましょう。僕は機内でトイレが混む可能性(あと狭いよね)を想定し待ってる時にゲートの近くのトイレとかで着替えちゃいます(アディダスのジャージはお気に入り)。長時間のフライトだとジャージやラフな格好できている人は結構います。

 

あと機内は基本寒いので靴下を持っていくことをおすすめします。 

"ちょいもこ"くらいであったかいのがポイントです。レギンスを持ってくのも安全策です。いざとなったらトイレで温度調節が可能です。ぼくはレギンスと靴下のダブルアタックです。

 

それと水やスナック

水やスナックを買っておきましょう。CAさんたちが持ってきてくれますが水は乾燥してるし喉が乾きます。僕はM&M'sとマイボトルを必ず持っていきます。

 何回か紹介してるマイボトルはこちら↓

と思ったらアマゾンには売ってませんでしたw Rubbermaidって会社のを使ってます!

 

 薬を服用中の人は薬が入れられる水筒がおすすめかも知れません。

 

飲み物は都合上自分で頼んで持ってきてもらうのは難しいので寝ていてもらいそこねたりする場合があります。食事も後で食べるという趣旨を伝えたることでJALANAはで持ってきてもらえることがあります、が海外の航空会社はまちまちなので持ってきてもらえないことがある場合があります。

 

ちょっとしたスナックを持っていくことでストレスなくフライトを満喫することができます。

 

とりだしやすいガジェットポーチ

これは意外と盲点。キャリーオンから必要なものを入れたり出したりするのは結構大変。ちょっと楽して前の雑誌とか入っているポケットに入れると忘れちゃったりしまいます。

 

ガジェットポーチに必要な本、ノート、ペン、バッテリー、充電ケーブルなどを入れておいて前のポケットに入れておけば簡単に出し入れでき忘れることもありません。

 

自分はキンドル、イヤホンとバッテリー充電器、小さいウエットティッシュ、お菓子を入れています。東南アジアに行った時は地球の歩き方も入れてましたw←東南アジアは意外と警戒して念入りに注意のところを読んでいましたw

首に優しいネックピロー

これがあれば映画を見ながら寝落ちもできてなおかつ首を痛めることもありません。僕は夜の空港でベンチやソファーで寝ることもあるのでかなり使ってます。自分でコスパ上げてくタイプですねw

 

これがあるとないとじゃ雲泥の差です。長時間のフライトには"備えあれば憂いなし"です。

革命!携帯フットレスト

f:id:Nick_Burns:20190119225032p:plain

飛行機って足動かせないし血の巡りが悪くて冷え性になりますよね。フットレストは足をあげることができるので楽な体制を取ることができます。成田に帰ってきたとき白人の親子が使っていてあとから調べたらすごい便利そうでまだ使ったことはないのですがマストアイテム決定です!

有用性が高く車にでも使えて高さ調節でちょっとしたクッションにすることもできます。

 

絶対持ってこマスク

機内は温度調節の都合上かなり極端に乾燥しています(20%以下)。長時間のフライトだとかなり肌や喉に刺激が来ます。寝るときにマスクをつけることで喉を乾燥から守ることができます。

 長時間つけていても耳が痛くなりづらい立体マスクで耳掛けが紐ではないものをおすすめします!

肌に優しく!保湿

喉だけではなく肌も乾燥するので保湿は必須です!

ドルックス ナイトクリーム (しっとりタイプ) 50g

ドルックス ナイトクリーム (しっとりタイプ) 50g

 

 資生堂ドルックス。1000円以下でコスパもいいです。母がいくつか持っていたので拝借して使わせてもらったんですが少量で肌に馴染み乾燥"爆防ぎ"小さいし旅行にはうってつけです。

空でも清潔! 洗面具

 歯ブラシ、歯磨き粉など必要なものがセットになっている方がいいですね。洗顔もあれべ長期フライトでもスッキリすることができます。(洗顔してる人って僕以外にいますか?笑)

 

 

窓側・通路側問題

日本人は1番通路側を選ぶ人が多いそうです。約50%!!!自分がトイレに行きたいときに迷惑をかけないということらしいのです。長期フライトは寝てる人も多いのでそんな中「すいません..」って一言が大変ですよね。

 

なので長期フライトでは景色は諦めて通路側の席を取ることをおすすめします。気にしない人は窓側の席を取ってもらっていいのですが自分はいつも通路側を取っています。そうすることでアルコール類も気にせずに飲むことでできますし朝のコーヒーも自分の中では楽しみのひとつなので...笑

 

じゃあここまできたらどれくらいファーストクラスに近づい方ですよね?

 

  • シートフルフラット→すんません。こればかりはなんとも...。けど今なら私達には足を乗っけられるフットレストがある!
  • 食事(好きなタイミング、食べ放題)→持ち込みで耐えましょう。
  • 機内エンターテイメント→映画はエコノミーにもありますよ!!(必死)
  • アミニティ→保湿、清潔バッチリです!(ドヤ)
  • 値段→エコノミーの圧勝!

 

 とうことで最後の余興含め見てくださってありがとうございました。少しでも僕のブログを見ている人が安く快適に空の旅を満喫してくださればと思いまして←機長か!www

 

いやけどまじです。できるだけリーズナブルに旅ができたほうがいいのは当たり前ですしそれのために努力したりするのも全然あたりまえです!

 

僕より長いフライトで死線を超えてきたよって言う方。まいりました。コメントでどうやって掻い潜ってきたのか、快適にしてきたのか教えてください(祈願)